快適な生活を送るための情報をお届けします

高齢者の住みやすい家

今までの住宅は、手すりはあとから取り付けていました。

急速に進む高齢者社会、いよいよ人ごととは言っていられない時代に突入しようとしています。高齢者が生活するお宅では、手すりやスロープを付けたりの改修工事をする必要に迫られている場合もあるでしょう。 最近の住宅建築では、お風呂場やトイレ、階段などの手すりは標準装備のようになっています。将来を見越して、ある程度のバリアフリー対策はしておいたほうがいいのは、言うまでもありません。 新築や改築はする予定がなく、とりあえず手すりを取り付けたい時、以前だったら業者に頼んでやってもらいました。材料費だけでなく工賃もかかっていたのです。ただ、すでに介護状態の家族がいれば何かとお金が必要になります。そのため、最近は材料だけを購入して自分で取り付ける人も増えてきています。

自分でできれば、材料費の1割負担だけですみます。

要介護や要支援の認定を受けている人が、手すりを取り付けるなどの改修をする場合、介護保険の住宅改修制度を利用できます。これは、支給限度額20万円までの手すりなどの購入費の9割が支給される制度です。 意外と知られていないのですが、自分で材料を購入して取り付けても介護保険が利用できるのです。これだと業者に支払う工賃がいらないので、大変お得にできます。日曜大工の経験が無くても、簡単に取り付けられる手すりも出回っています。ホームセンターや、ネットショップで調べてみるといいですね。 申請先は、お住まいの自治体になります。申請用紙や申請方法は、各自治体で違うこともあるので手すりの取り付けの前に問い合わせてみてください。 少しでも安全に自力で動けるようにするには、要介護者にとって手すりはなくてはならないものです。