快適な生活を送るための情報をお届けします

フローリングを知る

フローリングの歴史とは

30年前は、住宅の床というと、じゅうたんを敷いたものが流行でした。じゅうたんは高級感があり、生活音も響きにくいことからじゅうたんが流行となりました。しかしじゅうたんはダニがわきやすいというデメリットがありました。 やがて裏にクッション材を取り付けることによって、生活音の響きにくいフローリングが出現し、住宅のリビングなどでフローリングの使用が広まり始めました。その後、さらに生活音の響きにくいものが開発され、下の階への生活音の影響が心配されるマンションでも多く使用されるようになりました。現在フローリングは色や柄、材料にさまざまなバリエーションが展開され、インテリアに欠かせない重要な要素となっています。

どのようなものが流行しているのでしょうか

フローリングの色合いにも若干の流行があります。 以前はフローリングは、メイプル材などヨーロピアン調の明るく薄い色合いのフローリングが流行していました。しかしその後、ウォールナットと始めとするシックで高級感のあるダークな色合いのものに流行が変化しました。さらに現在は、チェリー材を始めとする落ち着いた色合いのものが流行しています。 フローリングの材料は無垢のものも流行しています。ただし、無垢のフローリングはちょっとしたことでも傷がつきやすいというデメリットがあります。小さな傷がとても気になる方には無垢はおすすめできません。しかししっかりメンテナンスすると、長い年月が経過とともに無垢のフローリングはとても味わいのあるものになっていきます。